FC2ブログ

北アルプス・ブナ立~烏帽子~野口五郎~水晶~赤牛~読売新道~黒部ダム

8月23日(金)23:00 雨の鳴門を出発し、長野県安曇野へ向かいます。
山経験豊富なoさんに誘って頂きました。
早朝の七倉温泉駐車場で簡単な朝食を済ませて、タクシーで高瀬ダムへ。
高瀬ダムはロックフィルダムです。四国では無かったと思います。
天気は良さそう、ただ、暑くなりそうです。


▼24日 7:20 高瀬ダム

DSC03593.jpg 


▼花崗岩の谷を流れる濁り水は、白く濁ります。

DSC03601.jpg 


▼ブナ立尾根の取りつき。
  最初は梯子や木製の橋が連続する急登です。

DSC03603.jpg 


▼ピンクのカニコウモリ

DSC03607.jpg 


▼アキノキリンソウ

DSC03621.jpg 


▼タケシマラン??

DSC03631.jpg 


▼10:40 三角点2208m
  スタートは1270mなので、900m余り登りました。

DSC03633.jpg 


▼タヌキ岩
  倒れそうな大岩をつっかい棒で支えてます。

DSC03635.jpg 


▼針の木岳方面

DSC03650.jpg 


▼明後日に通貨予定の赤牛岳

DSC03652.jpg 


▼12:20 烏帽子小屋に予定通り到着。
 
DSC03653.jpg 


▼ザックを置いて、烏帽子岳に向かいます。
  高瀬ダムが綺麗に見えます。

DSC03657.jpg 


▼烏帽子岳

DSC03661.jpg 

DSC03667.jpg 


▼ウサギギク

DSC03683.jpg 


▼25日 5:40 烏帽子小屋を出発。
  少し歩くと ママコナ。

DSC03697.jpg 


▼烏帽子小屋テント場近くの小さな池。

DSC03699_20190831090930b67.jpg 


▼コゴメグサ

DSC03706.jpg 


▼ピンボケのコマクサ
  あちこちに沢山あります。

DSC03712.jpg 


▼快適な尾根歩き。
  ただ、北風強く寒いです。

DSC03720.jpg 

DSC03721.jpg 

DSC03735.jpg 


▼トウヤクリンドウ

DSC03737.jpg 


▼ずっと続く縦走路

DSC03750_20190831090941a16.jpg 


▼野口五郎小屋
  タンクはすべて雨水を溜めるもの。

DSC03763.jpg 


▼水晶岳
  今日は、あの近くまで行きます。

DSC03766.jpg 


▼槍ヶ岳
  左は北鎌尾根、右は西鎌尾根、西鎌の奥は穂高連峰。

DSC03771_20190831090945e46.jpg 


▼9:40 野口五郎岳

DSC03777.jpg 


▼澄みきった青空をバックに下ります。

DSC03794.jpg 


▼お花畑でしょう。

DSC03814.jpg 


▼水晶小屋直下、最後の急登。

DSC03835_20190831090953fa6.jpg 


▼13:20 水晶小屋

DSC03837.jpg 


▼夕暮れの槍ヶ岳

DSC03844.jpg 


▼26日 5:00 水晶小屋を出発。

DSC03855.jpg 


▼槍、穂高のシルエット

DSC03871.jpg 


▼水晶岳にも朝日が。

DSC03874.jpg 


▼左に槍ヶ岳、右の尖がりは笠ヶ岳、乗鞍、御嶽も見えます。
  絶景です。

DSC03884.jpg 


▼黒部五郎岳

DSC03900.jpg 


▼赤牛岳と立山、剱岳

DSC03909.jpg 


▼9:50 赤牛岳
  ここに来る人は少ないそうです。

DSC03948.jpg 


▼黒部ダム
  明後日はあそこに下ります。

DSC03950.jpg 


▼赤牛岳から読売新道を見ます。
  ここから見えている範囲は、快適な道ですが。

DSC03953.jpg 


▼雷鳥親子

DSC03966.jpg 

DSC03970.jpg 


▼オコジョ
  白い岩の上に顔を出してます。ピンボケですいません、ただ、余りにも動きが速くて。

DSC03981.jpg 


▼読売新道  8/0~8/8までの標識があります。
  厳しいコースです。

DSC03995.jpg 


▼ヒノキ等の巨木があります。人の手の入らないすごい森です。

DSC03999.jpg 


▼深く洗堀されたり、非常に滑りやすい岩、木の根、もちろん、梯子や鎖もあります。
  非常に厳しい道です。私は初めての経験です。

DSC04000_20190831091104a89.jpg 


▼ゴゼンタチバナ

DSC04002_20190831091105e17.jpg 


▼14:45 奥黒部ヒュッテ到着。
  長い一日でした。
  でも、風呂があって、汗を流すと気持ち良かったです。
  ビールも美味かった!!

DSC04003.jpg



▼27日 3:30 ヒュッテを出発です。
  ヘッドランプで、丸太の橋や梯子を上下します。
  黒部ダム沿いの道は難しいです。
  一つ間違えれば、数十m下の黒部ダムへ。
  ほんとに気の抜けない2時間でした。

  6:20 渡しが来ます。

DSC04012.jpg 


▼こんな橋や梯子が結構沢山でした。

DSC04029.jpg 


▼11:00 黒部ダム、観光放流してました。

DSC04041.jpg 


▼ダム湖の奥に赤牛岳

DSC04046.jpg 


▼立山方面

DSC04052.jpg 


▼GPSデータ
  沿面距離 約42㎞ (烏帽子往復は含まず)
  累積標高(+) 4921m
  累積標高(-) 4747m
  行動時間 約76時間

読売新道2019824 

読売新道グラフ2019824 


  27日21:30 鳴門に帰ると雨模様でした。
  出発も雨、帰着も雨、でも、山の時間は良い天気でした。
  良いメンバーと一緒に歩けて、良い天候に恵まれて、最高の山でした。
  同行して頂いた皆さん、ありがとうございました。


 




 

番外編・・・三頭越

3月24日、地下足袋王子は東京出張で山の遠足は中止しました。
そこで、番外編として、香川県の三頭越に行きます。
ユキワリイチゲ、コバイモが咲いているはずです。
ただ、美馬ICで高速を降りて、峠へ向かうと、南側の四国山脈の高い山は白くなってます。
2台に分乗し、登山口へ、歩き始めると結構寒いです。
天気はまずまず、日も射してきます。



▼9時30分頃、まだ、日当たりが悪いのか花が開いていません。
  とりあえず、三頭越に登ります。
  そうすると雪が出てきました。

DSC00150.jpg 

DSC00151.jpg 


▼風が吹くと結構寒いです。
  今日は淡路からも参加してくれました。

DSC00155.jpg 


▼ユキワリイチゲ
  峠で休憩し、ゆっくり下ってきましたが、花は開きません。
  寒さのせいでしょうね~。

DSC00158.jpg 

DSC00159.jpg 

DSC00162.jpg 


▼咲いている株は無いか、探しますが・・・

DSC00163.jpg


▼コバイモ(アワコバイモ)
  こちらはちゃんと咲いてます。

DSC00142.jpg 

DSC00166.jpg 


 道の駅で淡路からの皆さんと別れて、谷川うどんへ行きます。
 しかし、定休日の看板、日曜に定休日とは知りませんでした。
 そして、イチゲへの思い断ちがたく、10年程前に教えてもらった場所へ向かいます。
 ただ、記憶は彼方に消えかかってます。


▼何とかたどり着いたユキワリイチゲの場所。
  残念ながらこちらも開いていません。
  滝を見て帰ります。

DSC00175.jpg 


 残念な一日でした。
 もう一度挑戦します。
 次は満開のユキワリイチゲを!!

南つるぎスカイラリー参加者募集

8月11日(山の日)、南つるぎスカイラリーを開催します。
南つるぎの3コース(槍戸山コース・ほら貝の滝コース・ジローギューコース)から剣山頂上を目指します。
12時30分に剣山頂上で、3コース合流しジローギューを越えて、山の家奥槍戸に下山します。
少々厳しいけど剣山、三嶺、ジローギューの三座を一望できる槍戸山コース、涼しい谷沿いのコースから急登を登り山頂を目指す
ほら貝の滝コース、比較的楽にジローギューを越えて剣山を目指すジローギューコース、変化に富んだ3コースです。

11日5時に徳島駅を出発し、小松島、桑野を経由し四季美谷温泉に向かいます。そこで、3コースに分かれ登山口へ向かいます。
参加費は無料、先着40名です。

詳細はチラシをご覧ください。
参加申し込みは、n-oonishi@advanced-s.com   090-8972-3125 (大西)までお願いします。


スカイラリー051[2] 
スカイラリー052[1]

石立山北谷

27日(水)、石立山を北谷から登ります。
Wasabiさんが、どっかのブログで見つけたらしいです。
地形図見ると、結構厳しい登りと崩落地、岩壁などありそうです。
通常登山ルートで行っても、結構厳しい山ですから、当然と言えば当然です。

徘徊老人的には、ちょっと気合いの入るコースです。


▼快晴の別府登山口から北谷を見上げます。
  ちょっとすごい谷です。

DSC07159.jpg 


▼登山口の赤い吊り橋を渡り、少し登った所から古い作業道・・・いや獣道を谷に向かいます。

DSC07038.jpg 


▼谷沿いを少し進むと「竜頭谷」に出ます。小さな滝あり。
  この少し上流に有名な「百間滝」があります。
  竜頭谷を渡ってしばらく進むと,いよいよ北谷遡行のスタートです。

DSC07042.jpg 


▼この辺りは、まだ、余裕

DSC07045.jpg 


▼登るにつれて岩が大きくなり傾斜もきつくなります。

DSC07047.jpg 


▼谷の真ん中に桂の巨木。
  Kちゃんがいつも以上にスリムに見えます。

DSC07050.jpg 


▼ちょっとした滝。
  右側を登りますが、岩が濡れていていやな感じ。

DSC07055.jpg 


▼補助にザイルを出します。
  結局、ザイルに頼る事は無いのですが、気持ち安心。

DSC07061.jpg 


▼ちょっと気分治しにシダを一枚。
  偶然、蜂が来てくれました。

DSC07068.jpg 


▼大きな岩がゴロゴロ。
  これを一つ一つ越えて行くのは結構疲れます。
  腰、膝の関節可動範囲をいっぱいに使いながら。

DSC07072.jpg 


▼一息入れて
  バイカウツギ

DSC07087.jpg 

  名前不明

DSC07080.jpg 


▼いよいよ谷もせまくなります。
  そして、「岩がゴロゴロ」から急なV字谷へ。
  Wasabさんがアタック。
  T澤さん、Kちゃん、徘徊老人は、これ以上は無理と判断し、右側の小さな尾根に登ります。

DSC07092.jpg 


▼さすが、石立山。
  谷も尾根も厳しいです。
  ザレザレの足元を気にしながら、岩壁を避けてルートを探します。

DSC07095.jpg 


▼別府駐車場を出発して4時間。
  やっと頂上直下の主尾根に出て、ここで昼食。
  Wasabiさんの健闘を称えつつ、ゆっくりします。
  Kちゃんの普通のおにぎり。決して彼女にとっては「特大」ではありません。

DSC07096.jpg 


▼ザックも疲れた感じ

DSC07097.jpg 


▼石立山頂上にて。

DSC07099.jpg 


▼笹は全く無くなりました。気になります。山が崩壊するのでは。

DSC07101.jpg 


▼ここでは結構沢山のシロヤシオが咲いてました。

DSC07105.jpg 

DSC07111.jpg 


▼ミツバツツジも綺麗でした。

DSC07120.jpg 


▼イシダテクサタチバナも咲き始めています。

DSC07130.jpg 

DSC07134.jpg 


▼これなんでしたっけ?
  Kちゃんに教えてもらったのに忘れています。この辺が徘徊老人。

DSC07142.jpg 


▼15時30分頃、登山口に帰りました。
 
DSC07158.jpg 


厳しいコースでした。
変な所に入ると、絶壁に突き当ったり、大変な事になります。
そして、間違えたからと言って、引き返すのもほとんど不可能です。
今回も、GPS、地形図、コンパスで何度もルートを確認しました。
4人で、何度も確かめながら、そして、ここからのルートをどうするか。
やはり、石立山はすごいですね~。

今回のルートは一般向きではありません。
お勧めしません。

プロフィール

南つるぎ地域活性化協議会

Author:南つるぎ地域活性化協議会
南つるぎ活性化協議会・公式ブログ

カテゴリ
ニュース
アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールでのお問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS
QRコード
QR