FC2ブログ

富貴山2019.6.2

6月2日は、富貴山です。
あいにく、午後からは雨の予報、早めに切り上げる予定です。

▼駐車場で出発準備。
  笠を持つか迷うところです。

DSC02144.jpg 


▼登り始めると大きなヤマゴボウ

DSC02146.jpg 


▼材木の集積所跡地では、ジャケツイバラ

DSC02109.jpg 

DSC02112.jpg 


▼林道わきにはキンランもあります。

DSC02120.jpg 

DSC02147.jpg 

DSC02149.jpg 


▼エゴノキはまだツボミ。
  でも、沢山ツボミを付けてます。

DSC02121_20190603162750fef.jpg 


▼フタリシズカ
  そこら辺、いっぱいあります。

DSC02116.jpg 


▼山頂下の急登。
  今日のコース、山らしいのはここだけ。

DSC02186.jpg 


▼富貴山山頂、お社脇で。

DSC02189.jpg 


  山頂で集合写真写した頃、雨がポツポツ。
  予報は正確でした。
  でも、大したことは無いので、そのまま下山します。
  そして、予約しておいた中華そばへ行きます。


▼おお峰食堂で親子で中華そば。
  徘徊老人も中華そば頼んだのですが、すぐに箸を付けてしまい、写真忘れてました。
  せっかくレンズ変えて準備してたのに。

DSC02190.jpg 

DSC02191.jpg 


  何か、懐かしい味の中華そばでした。
  私に言わせると、ラーメンではなく、中華そばです。
  20歳くらいの頃、上司が寮まで送ってくれる途中で、中華そばを食べさせてくれました。
  上司は中華そばと冷酒を一杯。普通にブルーバードを運転し帰りました。
  そんな時代を思い出した”中華そば大”でした。

  さて、次回はどこに行きましょうか?

ドウダンツツジ2019.5.25

5月25日(土)、踊石のドウダンツツジを訪ねます。
長安口ダムのビーバー館に集合し、乗り合わせて東尾に向かいました。

今年は季節が読めないうえに、ツツジ類の花付きが悪いようです。
先日、雲早高丸縦走路のシロヤシオを見に行ったけど、全然花はありませんでした。

東尾に車を止めて、廃屋の近くを登って行きます。
例によって、番犬が2頭、けたたましく吠えます。
でも、人を襲う様な雰囲気はありません。


▼杉の植林帯が続きます。立派な標識があります。
  だいぶ前に登山道を整備し、標識も設置したようです。
  でも、その後のメンテナンスが出来ていないので、登山道は荒れてます。

DSC02027_20190530101237608.jpg 


▼少し登るとナベワリが咲いてます。ここのナベワリは良く育ってます。

DSC02031.jpg 


▼登山道脇に小鹿が居ます。昨日か今日、生まれたような感じです。
  しばらく動きません。
  我々もどうしようかと立ち止まります。

DSC02032_201905301012393fa.jpg 


▼しばらくすると、起き上がりふらつく足取りで、登山道を上に向かいました。
  しかし、少し登るとちょっとした岩場が、足取り弱く越えられません。
  困った目でこちらを見ています。(写真中央)

DSC02037.jpg 


 少し、待ったのですが、どうにもならないので、少し下がった所で谷に降り、対岸へ渡り、登り返して
 小鹿の場所を巻き、上に向かいました。
 帰りにちゃんと居るか心配しながら。


▼竜峠から踊石に向かう急登です。
  ロープと笹をつかみながら。

DSC02045_20190530101241d98.jpg 


▼踊石から長安口ダム、ちょっと霞んでます。

DSC02058_20190530101244f63.jpg 


▼踊石のドウダンツツジ、綺麗に咲いてました。
  花数も少ないけど、でも、十分です。

DSC02053.jpg 

DSC02057.jpg 

DSC02061.jpg 

DSC02068.jpg 

DSC02074.jpg 


 踊石は、さざれ石です。国歌君が代に出てくるさざれ石です。
 この辺りは非常に多く見られました。
 

▼オンツツジ
  今年は花が少ないです。

DSC02091.jpg 


 13時頃に東尾に下山、ジンリョウユリを見せてもらいました。
 ネズミなどの食害が酷く、大変のようでした。
 管理人さんによると「もう打つ手が無いので、ここを閉鎖する」と言ってました。
 残念ですね~。
 鹿はネットで防げるけど、ネズミは大変ですよね。地上、地下、両方から来るそうです。

 長安口ダム、ビーバー館に立ち寄り、休憩させてもらいました。
 ロビーでしゃべっていると、管理人さんがコーヒーを振舞ってくれました。
 おいしかったです。
 トイレもあるし、ちょっとした休憩には良いですよ。

 あ、そうそう、登りで出会った小鹿、最初の場所近くで居ました。
 親の言いつけ守って、ちゃんと待ってました。大丈夫でしょう。
 でも、ちょっと複雑・・・

山の遠足番外編・・・花を訪ねて

5月19日、山の遠足番外編として、花の山へ向かいます。
前日のファガスは、風雨強く心配でしたが、吉野川沿いは青空が見えます。
花の好きなメンバーとゆっくりのんびりの山歩きです。


▼オンツツジが綺麗です。ただ、花は少ないようでした。

DSC01889.jpg 


▼ヤマブキソウ

DSC01913.jpg 

DSC01902.jpg 

DSC01919.jpg 


▼イチリンソウも負けじと。

DSC01917.jpg 


▼削除


▼夢中でカメラ構えます。



▼ヤマシャクヤクも残ってました。

DSC01944.jpg 


▼帰り道でギンラン。

DSC01968.jpg 


  のんびり、ゆっくり、花を楽しみました。
  次は、ドウダンツツジかな?



花の砥石権現

5月12日、連休を挟んで久しぶりの山の遠足です。
今年は、暖かくなったり、寒くなったり、季節の進み具合が読めません。

アケボノツツジは終わりましたが、カタクリやヤマシャクヤクは大丈夫だろうと、砥石権現に向かいます。


▼スーパー林道登山口から少し入ったところで、サイコクサバノオが咲いてます。
  種子の姿が「鯖の尾」に似ているので、この名前になったそうです。

DSC01814.jpg 


▼花は小さいけど綺麗です。

DSC01883.jpg 


▼エンレイソウ。
  先日の佐渡にも一杯ありましたが、花は黒いものばかり。
  徳島では、色々変化があります。

DSC01816.jpg 

DSC01881.jpg 


▼ヤマシャクヤク
  これもスーパー林道から少し入った所。

DSC01821.jpg 

DSC01824.jpg 

DSC01827.jpg 


▼ブナの新緑が綺麗です。
  芽吹いた後、雨風にたたかれてないので、一枚一枚の葉が綺麗です。

DSC01830.jpg 


▼ナベワリ
  毒草です。
  新芽が出ると同時に、つぼみを付けてます。
  この形は始めて見ます。

DSC01832.jpg 


▼尾根筋では、オオカメノキ(ムシカリ)が綺麗でした。
  周囲の大きな花は装飾花(なのでおしべ、めしべはありません)、真ん中の小さいのが花です。

DSC01833.jpg 


▼鹿舞ダキ山下のヤマシャクヤク群生地。
  ちょうどいい時期でした。
  ただ、動物が歩きまわって、だいぶ倒れています。
  人の足跡では無かったです。

DSC01851.jpg 

DSC01854.jpg 

DSC01856.jpg 

DSC01862.jpg 

DSC01863.jpg 


▼?ミツバツツジ
  綺麗でした。

DSC01866.jpg 


▼カタクリ
  沢山咲いています。

DSC01869.jpg 

DSC01880.jpg 


 Aさんと二人ののんびり山歩きでした。
 爽やかな気持ち良い山です。
 今の季節、新緑の山は最高ですね~!!









雲早山~高丸山縦走

4月28日は、春恒例の雲早山~高丸山縦走です。
今年は変な気候で、昨日は、高城山に霧氷が着き、真っ白でした。
今日は少し暖かくなりましたが、でも、結構冷えてます。
スーパー林道雲早山登山口からスタートです。

▼遥拝所で一休み。

DSC01243.jpg 


▼楽しみにしていたイチリンソウはまだツボミ。
  最近の冷え込みで花が遅れてます。

DSC01245.jpg 


▼雲早山。
  大きな狛犬かと思ったら、シェパードでした。
  香川から来たそうです。

DSC01248.jpg 


▼曇り空ですが、空気は澄んでいるようです。
  紀伊半島が見えてます。

DSC01253.jpg 


▼尾根筋は荒れてます。
  毎年酷くなっているように思います。

DSC01255.jpg 


▼雲早山が遠くなりました。

DSC01256.jpg 


▼半分を越えるあたりからアケボノツツジが見えます。
  まだ、ツボミがあり五分咲き程度でしょうか。

DSC01264.jpg 


▼急登を頑張ります。

DSC01269_20190430090745f45.jpg 


▼シャクナゲもツボミ。
  ほんとに今年の花は遅れてます。

DSC01270.jpg 


▼アケボノツツジ

DSC01272.jpg 

DSC01281.jpg 

DSC01282.jpg 

DSC01300.jpg 


▼ミツバツツジもこんな状態です。

DSC01289.jpg 


▼当然、ヤマシャクヤクもツボミ固しでした。

DSC01292.jpg 


▼最後の急登。
  尾根が崩れて、ますます歩きにくくなってます。

DSC01309_2019043009084943b.jpg 


▼高丸山に到着。
  雲早山を振り返って。

DSC01315.jpg 


▼エイザンスミレ

DSC01326_20190430090852303.jpg 


▼クロフネサイシン

DSC01333.jpg 


▼GPSデータ

雲早山~高丸山2019428 

雲早山~高丸山グラフ2019428 


 3月に計画した時は、こんな筈では無かったのですが?
 4月になって、寒さが戻ってきて、季節が遅れてます。
 花を見るには早すぎた。反省。



落合峠~小島峠交差縦走

4月21日は、いつもの木沢を離れて、三好市東祖谷からつるぎ町一宇にまたがる「落合峠から小島峠縦走路」に行きました。
6時、貞光ゆうゆう館に集合、二つのグループに分かれて、落合峠、小島峠に向かいます。
落合峠グループは「道草班」、小島峠グループは「かもしか班」です。
徘徊老人は、当然「道草班」です。

▼道草班、7時30分に落合峠を出発です。
  長い一日の始まり。スタート前の元気なところで一枚。

DSC00892_20190422132121959.jpg 


▼今日は、天気良いのに霞んでます。黄砂かな?

DSC00894.jpg 


▼落合峠の笹原、気持ち良いですね~!

DSC00896.jpg 


▼矢筈山手前、目指す膳棚、黒笠、更に小島峠へ続く尾根が見えます。
  遠いぞ!

DSC00914_201904221321266b9.jpg 


▼矢筈山山頂。

DSC00916.jpg 


▼膳棚手前で振り返ります。
  矢筈山が遠くなります。

DSC00922.jpg 


▼膳棚の北側をトラバースします。
  残雪が結構あります。場所によっては凍結しています。
  慎重に!

DSC00925.jpg 


▼ツガの自然林、針葉樹独特の匂い?を感じます。
 フトンノチリと言ったら叱られました。フィトンチット?

DSC00933_20190422132133502.jpg 


▼東膳棚を越えて、急坂を下ったところで、「カモシカ班」と合流。
  一緒に食事して、車のキーを交換します。
 
DSC00936.jpg 


▼黒笠山手前の展望岩から、矢筈方面です。
  カモシカ班は、東膳棚を越えたかな?

DSC00942.jpg 


▼展望岩にて。

DSC00945.jpg 


▼黒笠山。
  昨年11月に来た時は、うっすら積雪があり、恐怖を感じました。
  今日は余裕です。

DSC00950.jpg 


▼小島峠へと続く尾根。
  3つ、4つと見えるピークを越えて行きます。

DSC00951.jpg 


▼11月とは反対方向なので、地形がピンときません。
  ただ、きつい下りです。
  カモシカ班は、余裕でこれを越えてます、元気者揃いですから。

DSC00956.jpg 


▼タムシバ・・・綺麗です・・・一杯あります。

DSC00965.jpg 


▼旧小島峠に下山。

DSC00971.jpg 


▼小島峠に下山。
  長くしんどいコースでした。
  でも、充実感一杯。お地蔵さんにお礼言って、一緒にパチリ。

DSC00973.jpg 


▼貞光ゆうゆう館で、カモシカ班と合流。
  何と、1時間15分も待たせてしまいました。
  道草班、面目躍如。

  皆さん、ありがとうございました。

DSC00975.jpg 


▼GPSデータ

落合峠~小島峠2019421 

落合峠~小島峠グラフ2019421



高丸山~西三子山縦走

4月14日(日)は、雨予報、なので、13日に変更し、高丸山~西三子山の縦走を行います。
このルート、タムシバが沢山あります。
そして、縦走ルートも、西三子山から福寿草群生地へ下り、そのまま立石林道に下山するコースを行きます。


▼快晴の天気、高丸山千年の森をスタートします。

DSC00791.jpg 


▼今日は旗立てから山頂へ向かいます。

DSC00793.jpg 


▼山頂から雲早山縦走路
  まだ、冬景色です。

DSC00795.jpg 


▼高丸山

DSC00798.jpg 


▼三ッ尾の峠に下山し、西三子山に向かいます。
 
DSC00800.jpg 


▼一本目のタムシバ
  残念、まだツボミ

DSC00803.jpg 


▼一本ブナ・・・勝手に名前付けてます。
  八重地トンネルへの分岐です。
  このブナ、あちこちから視認できます。

DSC00810.jpg 


▼ここから、急な下りが始まります。

DSC00811.jpg 


▼期待していたタムシバの大木。
  ここは、すぐ近くで花を見ることが出来ます。
  今にも咲きそうなんですが・・・残念

DSC00817.jpg 

DSC00819.jpg 


▼タムシバのピークで昼食。
  食後の登りはしんどいです

DSC00829.jpg 


▼ヒメシャラも芽吹きの準備。
  新芽をよく見ると、ビロード状の短い毛に覆われていて、そのために銀色に見えるようです。

DSC00830.jpg 


▼ヤマシャクヤクの群生地、まだ、ツボミ固しです。

DSC00834.jpg 

DSC00836.jpg 


▼フデリンドウ・・・小さくてすいません、マクロが無いので・・・

DSC00842.jpg 


▼後山峠
  これから西三子山を越えます。

DSC00852.jpg 


▼西三子山途中から振り返ります。越えてきたピークが見えます。
  左が高丸山です。

DSC00854.jpg 


▼西三子山・・・後は福寿草群生地から立石林道に下るだけです。
  ここで14時、予定通り

DSC00857.jpg 


▼福寿草群生地。
  花が終わって種を付けています。
  ロープで囲っている区画以外にも、小さな株が見られます。
  目印に小枝など立てているので、踏まないように中止しましょう。

DSC00862.jpg 

DSC00863.jpg 


▼ニリンソウ・・・葉は沢山見えてます。

DSC00865.jpg 


▼立石林道に下山。地下足袋王子号が待ってます。

DSC00867.jpg 


▼帰り道、大釜の滝にてアケボノツツジ。
  300㎜望遠で頑張ったのですが・・・

DSC00872.jpg 


▼GPSデータ

高丸山~西三子山2019413 

高丸山~西三子山グラフ2019413 


 目的のタムシバは残念でしたが、天候に恵まれて、気持ち良い縦走でした。
 距離、時間、アップダウンも含めて、良いルートだと思います。
 







カロート、六郎山

4月7日の山の遠足は、五倍木からカロート山、六郎山を縦走し、井掘に下山します。
木沢でも一番きついのでは?と思うコースです。
おまけに、今回は山頂標識2つと、補助ロープ30メートルを持って行きます。
補助ロープは、20mmの船舶係留用です。Yさんが担いでくれました。


▼五倍木登山口にて
  地下足袋王子が送ってくれます。

DSC00662.jpg 


▼杉林の中にミツマタが群生してます。

DSC00664.jpg 


▼杉の大木・・・樹齢はどれくらいでしょう? 300年?500年??

DSC00665.jpg 


▼948のピークに続く尾根に乗ると、石灰岩の間にヤマシャクヤクが20株程。

DSC00666.jpg 


▼948のピーク、頑張って山頂標識を担いでいます。

DSC00668_201904090945278fb.jpg 


▼カロートの尾根に出るところが、倒木で塞がれています。
  少し進んだところから、尾根に取りつきますが、どこも足元の悪い急登です。

DSC00672.jpg 


▼急降下する所に、補助ロープを設置し、やっとカロート山山頂。

DSC00673.jpg 


▼カロート山頂のアケボノツツジ、だいぶツボミ膨らんでます。

DSC00676.jpg 


▼この後、ザレタ尾根の急登に2か所目の補助ロープを設置しました。
 このコースは油断できません。

DSC00677.jpg 


▼六郎山にて。

  DSC00678.jpg


▼井掘に下山。
  地下足袋王子が車を回送してくれています。
  「ここは何回来てもきついな~」

DSC00686.jpg 


  駐車場で21日に計画している、落合峠~小島峠交差縦走など話し合い、解散です。
  そして、次回14日は、高丸山~西三子山を縦走します。タムシバに期待してます。

  駐車場で解散し、最後に車をスタートすると、何やら異音が??
  左前輪がパンクしてます。 ああ~!!
  最後まで残っていたSさんが手伝ってくれて、タイヤ交換し家路へ。
  

▼GPSデータ

カロート・六郎山201947 

カロート・六郎山グラフ201947

雲早トンネルからファガスの森縦走

3月31日の山の遠足は、雲早トンネルからファガスの森を目指します。
暖かい日が続いていたんですが、今日は冷たい風が吹いてます。

▼雲早トンネルまで地下足袋王子に送ってもらいました。

DSC00286.jpg 


▼トンネルから鉄塔巡視路を登り、尾根に出ます。アセビが綺麗です。

DSC00288.jpg 


▼鉄塔まで登り、ちょっと休憩。
  粉雪が降ってきました。暖かさに慣れた体には寒いです。

DSC00289.jpg 


▼鹿舞ダキ山への急登。
  途中のコウヤマキがある展望台で休憩。
  これからがきついです。

DSC00292.jpg 


▼本格的な急登。ザラザラの急登が続きます。

DSC00295.jpg 


▼尾根に出ると気持ち良い自然林。
  ただ、まだ冬景色です。

DSC00297.jpg 


▼鹿舞ダキ山

DSC00300.jpg 


▼砥石権現
  北風もあり、寒いです。ゆっくりできません。

DSC00302.jpg 


▼高城山
  谷筋には残雪が残ってます。
  ただ、数日後に霧氷と雪で真っ白になるとは思いませんでした。

DSC00303.jpg 


▼あまりに寒いので、昼食はファガスの森でとらせてもらいました。
 地下足袋王子がイノシシ肉の燻製を振舞ってくれました。
 これ、おいしいです。
 そのままでも良いし、少しあぶってもOK、インスタントラーメンに乗せると最高。
 この燻製、おいしいです。

DSC00308.jpg 


▼帰り道でハルリンドウ。寒さで閉じてます。

DSC00311.jpg 


▼時間早かったので、オキナグサを見に行きました。
  今年も綺麗に咲いてます。

DSC00323.jpg 

DSC00331.jpg 

DSC00333.jpg 


 粉雪が降ったり、寒いですが、後20日もすればアケボノツツジが咲き始めます。
 神山の桜も綺麗でした。

番外編・・・三頭越

3月24日、地下足袋王子は東京出張で山の遠足は中止しました。
そこで、番外編として、香川県の三頭越に行きます。
ユキワリイチゲ、コバイモが咲いているはずです。
ただ、美馬ICで高速を降りて、峠へ向かうと、南側の四国山脈の高い山は白くなってます。
2台に分乗し、登山口へ、歩き始めると結構寒いです。
天気はまずまず、日も射してきます。



▼9時30分頃、まだ、日当たりが悪いのか花が開いていません。
  とりあえず、三頭越に登ります。
  そうすると雪が出てきました。

DSC00150.jpg 

DSC00151.jpg 


▼風が吹くと結構寒いです。
  今日は淡路からも参加してくれました。

DSC00155.jpg 


▼ユキワリイチゲ
  峠で休憩し、ゆっくり下ってきましたが、花は開きません。
  寒さのせいでしょうね~。

DSC00158.jpg 

DSC00159.jpg 

DSC00162.jpg 


▼咲いている株は無いか、探しますが・・・

DSC00163.jpg


▼コバイモ(アワコバイモ)
  こちらはちゃんと咲いてます。

DSC00142.jpg 

DSC00166.jpg 


 道の駅で淡路からの皆さんと別れて、谷川うどんへ行きます。
 しかし、定休日の看板、日曜に定休日とは知りませんでした。
 そして、イチゲへの思い断ちがたく、10年程前に教えてもらった場所へ向かいます。
 ただ、記憶は彼方に消えかかってます。


▼何とかたどり着いたユキワリイチゲの場所。
  残念ながらこちらも開いていません。
  滝を見て帰ります。

DSC00175.jpg 


 残念な一日でした。
 もう一度挑戦します。
 次は満開のユキワリイチゲを!!
プロフィール

南つるぎ地域活性化協議会

Author:南つるぎ地域活性化協議会
南つるぎ活性化協議会・公式ブログ

カテゴリ
ニュース
アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールでのお問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS
QRコード
QR