FC2ブログ

樫戸丸・・・雪山

1月19日、地下足袋王子はシカ解体研修講師として忙しく、山の遠足は中止しました。
ただ、山には雪が残っているだろうと思い、もしかすると霧氷もあるかなと期待しながら、樫戸丸へ行きました。

木沢に入っても、雪は見えるけど、霧氷はありません。
でも、北斜面はあるかと思いながら。


▼スーパー林道入口で準備をして出発です。
  スノーシューは持たず、アイゼンでを持ってスタート。

DSC06128.jpg
 

▼スーパー林道(南側)は積雪10㎝程度。
  暖かいです。

DSC06129.jpg 


▼樫戸丸中腹、5万円の尾根。
  全然だめです。

DSC06139_20200120155310bde.jpg 


▼しかし、頂上付近に来ると、昨日の霧氷の名残が。
  昨日はすごかったのだろうと思いながら。

DSC06143.jpg 


▼空気が澄んで、遠くまで見えます。

DSC06155.jpg 


▼高城山方向
  西尾根にも霧氷はありません。

DSC06156.jpg 


▼樫戸丸頂上直下、深いところはヒザ上まであります。

DSC06174.jpg 


▼夏切山、青の塔方面。
  こんなに雪が積もるのは珍しいです。

DSC06188.jpg 


▼暖かく風もなく、綺麗な森を歩きます。
  気持ち良いです。

DSC06195_20200120155319456.jpg 


▼風の広場に下山、ここからの一時間余りの林道歩きは、正に修行でした。
  15時過ぎ、車に帰着でした。

DSC06207_20200120155321a29.jpg 


  この雪が根雪となり、この上に20~30㎝位積もってくれると良いのですが。
  でも、今週後半は暖かくなりそうですね~。

雲早山の石臼・・・第550回

2020年、山の遠足は雲早山からスタートです。
つい2日程前に、地下足袋王子が石臼(高野豆腐を作っていた時のもの)を見つけました。
今日はその石臼を見に行きます。
そして、地元木沢の久保さんも一緒です。
今年7月で90歳、若い頃猟師、山仕事で鍛えた体は元気でした。

▼雲早トンネルからスタートです。

DSC06082.jpg 


▼鉄塔巡視路を下った所で、オオミズゴケ、緑の少ないこの時期、綺麗です。

DSC06085_20200112094510c27.jpg 


▼今日は風もなく暖かいです。
  3月頃の感じ。

DSC06086.jpg 


▼3番目の鉄塔から、急登を登り尾根に出ます。

DSC06089.jpg 


▼尾根に出た所で一休み、久保さんから高野豆腐作りの様子など伺いました。

DSC06093.jpg 


▼高野豆腐製作場所の入口に、地下足袋王子特製の標識を設置します。
  この、標識設置でも、色々な突っ込みがあり、笑いが絶えません。

DSC06098.jpg 

DSC06100.jpg 


▼石臼を囲んで。
  この石臼、どうやって運んだんでしょう?
  強力さんなら、可能かな?
  ここで高野豆腐を作っていたのは、神山の大西さんと言う方だそうです。
  大豆運んで、水に浸けて、臼で引いて、布で濾して、にがりとともに加熱して、豆腐の完成。
  それを切り分けて、何日も乾燥すると出来上がり、こんな所ですごいですね!

DSC06105.jpg 

DSC06108.jpg 


▼ヤケオ谷から尾根に戻ります。
  風もなく暖かい冬の尾根を雲早に向かいます。
  気持ち良い尾根歩き。

DSC06111_20200112094523c49.jpg 

DSC06112.jpg 

DSC06115.jpg 


▼霧氷の名残です。
  数日前は、沢山付いていたのでしょう。

DSC06116.jpg


▼ほんとに暖かい一日でした。
  ちょっと霞みがあるけど、遠くまで見えます。

DSC06118_202001120945288ed.jpg 


▼山頂で一枚

DSC06121.jpg 


  冬とは思えない暖かさでした。
  でも、やっぱり冬は雪が欲しいですね~。

  久保さんから、色々な話が聞けて楽しかったです。
  カモシカの話も聞けたし!


▼帰り道、神山にて。
  なに?冬季通交止めは、那賀町境まで???

DSC06125_20200112094532277.jpg 


▼GPSデータ

高野豆腐地図20200111 

高野豆腐20200111

新年登山・・・剣山 2020.01.03

2020年の新年登山は剣山です。
ただ、雪は無いようです、そして、霧氷もなさそう。
でも、正月で動かなかったので、少々足慣らしも必要かと。

この冬は、氷ノ山とか八ヶ岳にも行きたいので。

▼見の越駐車場で。
  冬靴を見せ合ってます。

DSC06021_20200104103653929.jpg 


▼西島まで登りました。雪も霧氷もありません。
  少し煙った感じで、春霞みたいです。

DSC06027.jpg 


▼木製のベンチは霜で真っ白、光があたるとキラキラ輝いてます。

DSC06031_202001041036566b1.jpg 


▼小さな枝に氷のトゲトゲが着いてます。これも霧氷かな?

DSC06040.jpg 


▼テンニンソウの花柄。

DSC06034.jpg 


▼カラマツの綺麗な所、霧氷があれば良いのですが・・

DSC06035.jpg 


▼快晴の山頂
  お正月なので、結構人は居ました。

DSC06050_202001041037032b9.jpg 


▼ジローも雪はありません。春の山みたいです。

DSC06044.jpg 


▼二度見展望台に下ると少し霧氷が着いてます。

DSC06054.jpg 

DSC06058.jpg 


▼帰り道、三嶺が綺麗に見えてきます。

DSC06068.jpg 


  雪も霧氷もなく、冬にしてはちょとさみしい剣山でした。

  今年も、安全第一で山を楽しみたいです。
  雪の山、花の山、紅葉の山、楽しみです。

2019忘年登山

12月29日、2019年最後の山の遠足です。
7:40いつもの場所に集合し、雪山目指して出発です。
夜明け前、ぼんやりですが、高い山は白くなっているようでした。


▼標高1300mを越えると、雪が出てきます。
  霧氷も見えます。

DSC05877.jpg 


▼登山道はこんな感じ、積雪は少ないです。

DSC05880.jpg 


▼登って行くと、剣山が見えます。
  積雪は少ない感じです。ただ、北斜面の霧氷は綺麗です。
  天気良いので、落ちないうちに見えるかな?

DSC05902.jpg 


▼青空に霧氷が綺麗です。

DSC05906.jpg 


▼すらっと伸びた綺麗なブナ、お気に入りの場所です。

DSC05908[1] 


▼見上げればファガスブルー

DSC05911_20191230155343919.jpg 


▼写真撮ったり、おしゃべりしたり。

DSC05914_201912301553453f5.jpg 


▼周囲は真っ白な霧氷、大満足

DSC05923[1] 


▼雪は少なく、氷も無いけど、急登はアイゼン付けてゆっくりと。

DSC05939[1] 


▼ブナに巻きついたツルアジサイ。
  誰かが「すね毛」と言ってました。でもまだ、すね毛まで白くなってないよ!!

DSC05913.jpg 

▼綺麗です。

DSC05948.jpg 

DSC05945.jpg 


▼展望が開けました。
  日当たりのよい南斜面は何もありません。
  雪は少ないですね~。

DSC05959_2019123015535385e.jpg 


▼全員で集合写真。

DSC05962.jpg 


▼まだまだ霧氷は綺麗です。

DSC05964.jpg 

DSC05972.jpg 

DSC05968.jpg


▼この前登った平家平も、頂上付近が白くなってます。
  しんどい山でした。

DSC05978_2019123015552945f.jpg 


▼雲早山
  手前に少し雲が出て綺麗です。

DSC05993.jpg 


▼お昼過ぎても、日陰は真っ白。
  
DSC06010[1] 


  2019年忘年登山、綺麗な霧氷と穏やかな天候、大満足の一日でした。
  今年も、事故なく山歩きが出来た事、皆様に感謝です。
  また、来年も健康と安全第一、色んな所へ行きましょう。
  新しい年が、皆様にとって良い年でありますように!

  地下足袋王子
  徘徊老人

きわん谷から平家平2019.12.15

12月15日は、きわん谷から平家平へ行きます。
このコース、長く登っていません。
Mさんの記録では、12年ぶりとの事です。
そして、今回は地下足袋王子が案内です。
ファガスの森も12月1日で終了したので、久しぶりに山の遠足隊長復帰です。

▼きわん谷の橋から登ります。
  地下足袋王子が隊長です。

DSC05623.jpg 


▼登山口付近は道ははっきりしません。

DSC05625.jpg 


▼杉林の急登です。
  踏み跡も薄いです。でも、そこは、地下足袋王子の「動物的感覚」で道をたどります。

DSC05630.jpg 


▼作業小屋から尾根を目指します。

DSC05635.jpg 


▼尾根に出ると、左側はシカ食害防止ネット。
  雑木が生い茂ります。地下足袋王子とUさんがナタで切り開きます。

DSC05639.jpg 


▼西に見える大久保山山頂に薄く霧氷が付いてます。
  槍戸アルプスでは珍しいです。

DSC05640.jpg 


▼平家平の西尾根にも霧氷が。
  平家平で霧氷が見えるとは想像してませんでした。

DSC05650_2019121614240034d.jpg 


▼ちょっと休憩。
  厳しい登りです。やはり平家は手ごわいです。

DSC05653_20191216142402bf8.jpg 


▼前平家直下のやせ尾根急登。
  以前設置したワイヤーは大丈夫でした。

DSC05658_20191216142404e34.jpg 


▼前平家直下では霧氷が残ってました。
  ただ、完璧な逆光なので、写真は厳しいです。
  これをとらえる腕は無いし。

DSC05667_20191216142405472.jpg 

DSC05671.jpg 


▼前平家に到着
  平家平は「枯れ木に花」状態

DSC05678.jpg 

DSC05682_20191216142410a8f.jpg 


▼平家平本峰へ向かいます。
  太陽を受けた霧氷がキラキラと綺麗です。
  ただ、私の腕では・・・

DSC05690.jpg 

DSC05699.jpg 

DSC05704.jpg 


▼平家平山頂。3時間20分位でした。倒木処理、枝払い等無ければ3時間でしょうか。

DSC05709.jpg 


▼平家平からの眺め。
  正面は大久保山、右に一の森、槍戸山など、左に折宇谷山。

DSC05684.jpg 

  手前に前平家、その奥は天神丸、右端に樫戸丸。

DSC05710.jpg 

  高い山が夏切山と青の塔

DSC05711.jpg 


▼天空の秘境「岩倉集落」

DSC05716.jpg 


  久しぶりの平家平、やはり厳しい山でした。
  登山道は、想像通り相当荒れてます。
  今回、目印はだいぶ付けました。また、アセビの薮も切り開きました。
  来年は少し手入れしましょうか?
  それから、前平家の酷さにびっくりです。
  うっそうとしたササ薮だったのに、今ははげ山です。
  シカの食害はすごいです。何とかならないのでしょうか???


▼GPSデータ

平家平地図20191215 

平家平20191215


高城山冬景色2019.11.29

11月29日、早起きして高城山に向かいました。
昨日から冷え込んでいるので、樹氷が付いているはずです。
スーパー林道を登り始めると、雪があります。
積雪は想定していなかったですが、慎重に進んで高城山登山口へ。
日の出前、すでに10台以上の車が止まってます。
写真愛好家はすごいです。

▼東の空が白み始めます。

DSC05441.jpg 


▼太陽が顔を見せます。
  少し雲がありますが、どうでしょうか?

DSC05447.jpg 


▼朝焼けの光が樹氷を照らします。
  薄い朝焼けですが、でも、結構綺麗です。

DSC05470_20191202093736eac.jpg 


▼朝焼けの樹氷です。

DSC05492_20191202093739ca8.jpg 

DSC05476.jpg 

DSC05516.jpg 


▼スーパー林道沿いのブナ大木。
  青空に映えます。

DSC05526.jpg 

DSC05531.jpg 

DSC05543.jpg 


▼ファガスの森に帰っても、綺麗な樹氷が一杯。
  ファガスの森は、北風の風裏になるので、比較的樹氷は少ないのですが、今日は綺麗です。

DSC05547.jpg 

DSC05549.jpg 


▼夕陽に照らされた樹氷。
  写真ではちょっと弱いけど、綺麗なアーバン色でした。

DSC05578.jpg 

DSC05581.jpg 


  スーパー林道は、12月2日から全面通行止め。
  こんな樹氷見るのも最後です。
  もったいない・・・・・

権田山2019.11.17

11月17日の山の遠足は、権田山に行きました。
長く通交出来なかった、勘場林道が通行できるとの連絡がありました。
久しぶりの権田山、四国一番のブナはどうでしょうか?


▼今日は朝から晴天です。
  寒さも一段落、昼には暖かくなりそうです。
  勘場林道終点で一枚。

DSC05327.jpg 


▼登山口。
  ここまでは、林道をショートカットしながら登ります。

DSC05330_201911181426409f6.jpg 


▼大きなブナの森です。
  冬枯れですっかり明るくなりました。

DSC05333_2019111814245650c.jpg 


▼すごい絡み合いです。
  ミズメに似た木の幹に割り込むようにリョウブが育っています。
  何があってこんな姿に?
  はじめて見る不思議な光景です。

DSC05336.jpg 


▼全体写真も絡み合いながら??

DSC05339_20191118142500572.jpg 


▼尾根に出ると絶景が広がります。
  右から一の森、槍戸山、ジローギュー、そして一番左には三嶺まで。
  
DSC05341.jpg 


▼綺麗な森・・・気持ち良いですね~!

DSC05346.jpg 


▼勘場山への尾根

DSC05351.jpg 


▼中内方向

DSC05352.jpg 


▼尾根にあるシロヤシオには、来春の新芽が準備出来てます。

DSC05353.jpg 


▼もう一度、一の森、槍戸山、そしてジローギュー

DSC05357.jpg 


▼権田山

DSC05359.jpg 


▼好きなブナ二本、結構大きいです。

DSC05362.jpg 


▼四国一と言われたブナの大木。
  幹が腐り、枝が落ちて、残念です。

DSC05364.jpg 


▼帰り道、良い森ですね~。
  来春にはテント担いで一泊しましょうか?

DSC05370.jpg 


  久しぶりの権田山、楽しかったです。
  朽ち果てようとする大ブナは、何とも言えません。
  寿命、世代交代・・・

▼GPSデータ

権田山地図20191117 

権田山20191117

雲早トンネルからファガスの森へ

11月10日の山の遠足は、国道193号線雲早トンネルから鉄塔巡視路を使い、尾根に出て
鹿舞ダキ、砥石権現を経由してファガスの森へ行きます。
自然林のコースなので、紅葉の時期に歩きたかった所です。

集合場所からトンネルまでは、地下足袋王子に送ってもらいます。
そして今日は、Kさんが復活登山です。

▼出発前、雲早トンネル出口で地下足袋王子と。

DSC05211.jpg 


▼天気予報は快晴のはずなんですが・・・・・
  鉄塔から見る尾根筋、目指す鹿舞ダキ山はガスの中?

DSC05215_201911121023323f6.jpg 


▼尾根を歩いていると、イヌツゲを見事に刈り込んでいます。
  シカの食害はすごいです。

DSC05225_20191112102331caf.jpg 


▼スーパー林道方向を見降ろします。
  だいぶ紅葉も進みました。

DSC05226.jpg 


▼所々綺麗なモミジが残ってます。
  ほとんど落葉した林に、綺麗なモミジが残っているのは好きです。

DSC05230.jpg 


▼鹿舞ダキ山への急登、いつ登っても厳しいです。
  この時期は落ち葉が多いので、なおさら滑りやすく気を使いました。

DSC05232_20191112102336853.jpg 


▼尾根に出て、ブナの大木に着生したヤシャビシャクもしっかり黄葉してます。

DSC05239.jpg 


▼冬景色のブナの森。

DSC05251_2019111210233967c.jpg 

DSC05254_20191112102345f92.jpg 


▼砥石権現
  この頃になると、ガスも晴れて青空が見えます。

DSC05245.jpg


▼今日のメインです。
  デンダイまで少し下って、綺麗な紅葉眺めながら、ゆっくり食事。
  ここの紅葉は綺麗です。

DSC05265.jpg 


DSC05268.jpg 

DSC05270.jpg 

DSC05276.jpg 

DSC05297.jpg 


▼ゆっくり食事を済ませ、ファガスの森に向かいます。
  尾根筋で少し風があると寒いくらいです。

DSC05311_20191112102353b68.jpg 


▼カラマツ
  少し遅かった・・・残念

DSC05310.jpg 


▼ゆっくりと紅葉を楽しみながら歩きました。

DSC05316.jpg 

DSC05323_20191112102356fce.jpg 

DSC05326.jpg 


  涼しく、良い山歩きでした。
  Kさんも、鹿舞ダキの急登も登り、完全復活の感じです。
  
  徘徊老人も、お酒はたしなむ程度にして、健康で居たいものです!!


▼GPSデータ

雲早トンネル~ファガス地図20191110 


雲早トンネル~ファガス20191110 




おおつく谷から登る高城山

11月3日の山の遠足は、国道193号線おおつく谷から左岸を登り、徳島のへそを経由し高城山を目指します。
標高差約900m、登り始めてすぐの鉄塔以降は、登山道はありません。
ただ、遠くから見る尾根は、良い感じなんです。
今まで、夏に一回歩いただけで、紅葉の時期は初めてです。

▼集合場所からおおつく谷まで、地下足袋王子に送ってもらいます。
  今日は元気なメンバーばかり、少々プレッシャーを感じながら。

DSC04989.jpg 


▼鉄塔で小休止。
  ここまでは、鉄塔巡視路がありますが、ここから上は登山道はありません。
  方向を確認します。

DSC04994_20191106133644f6b.jpg 


▼倒れたブナに大きなサルノコシカケが付いてます。
  一番体重の重い、徘徊老人がぶらさがっても大丈夫。
  そうなると、元気者が登ります。
  ・・・と煙は高い所へ登りたがる??

DSC05008.jpg 

DSC05014.jpg 

DSC05022.jpg 


▼自然林が続き、綺麗な森です。
  紅葉も綺麗になってきました。

DSC05026_201911061336512f2.jpg 

DSC05033.jpg 


▼主尾根に合流。
  ここからしばらく、大木のある快適な尾根歩きです。
  ただ、周囲の展望は良くないです。
  大きな切り株で一枚。

DSC05024.jpg 


▼もみじ等、綺麗です。

DSC05045.jpg 

DSC05053.jpg 


▼徳島のへそに着きます。

DSC05055.jpg 

DSC05057.jpg 


▼少し休憩して高城山頂上へ向かいます。
  ツキノワグマの監視カメラが設置されてました。

DSC05061.jpg 


▼地下足袋王子50万円の尾根を登ります。

DSC05064.jpg 


▼高城山、いつもはお手軽コースで登りますが、今日はちょっと手応えありました。
  軽く昼食を摂って、ファガスの森で燻製ラーメンを食べる事にします。

DSC05066.jpg 


▼ファガスへ向かう登山道にて、ホコリ茸。

DSC05070.jpg 


▼高城山からファガスの森への登山道にて。
  一時曇っていましたが、良い感じの紅葉が見えました。

DSC05081.jpg 

DSC05104.jpg 

DSC05095.jpg 

DSC05108.jpg 

DSC05111_2019110613380498f.jpg 


  ファガスで燻製ラーメン食べて、おもち頂いて。
  久しぶりにしっかり歩いて、良い一日でした。
  同行の皆さん、ありがとうございました。


▼GPSデータ

おおつく谷~高城地図2019113 

おおつく谷~高城2019113

山の遠足番外編・・・土佐矢筈山

10月26日(土)、5~6年ぶりに土佐矢筈山に行きます。
天気予報は晴れ、綺麗な笹尾根を期待します。
久しぶりの京柱峠、うどん屋さんが無くなってました。
シシ肉うどん、美味しかったな~!

スタートする頃になっても、ガスは晴れません。

▼急登を登ると、おなじみの「原始林看板」
  原始林は帰りの楽しみに、尾根をたどります。

DSC04704.jpg 


▼笹尾根に出てもガスの中

DSC04716_20191029091113b7a.jpg 


▼土佐矢筈山山頂で昼食。
  帰りは晴れてくることを祈りながら。
  先週の剣山、ジローギューもそうでした。
  そして、下山を始めると、なんか、良い雰囲気。

DSC04732_201910290911162e1.jpg 


▼立木に着いたコケの水滴
  マクロで頑張ってみました。この感じは初めてです。

DSC04737-2.jpg 

DSC04737_20191029091115607.jpg 


▼良い感じの笹尾根になりました。

DSC04741.jpg 

DSC04759.jpg


▼牛の背、天狗塚、見えてきました。

DSC04757.jpg 


▼いよいよ「原始林」の紅葉
  ちょっと早い感じですが?

DSC04775.jpg 

DSC04777_201910290911253e1.jpg 

DSC04786.jpg 

DSC04792_2019102909112829f.jpg 

DSC04797.jpg 


  紅葉には少し早かったですが、笹尾根歩きは楽しかったです。
  コメツツジとかミツバツツジが多くあります。
  花の時期も良いかも?
  良い一日でした!!

プロフィール

南つるぎ地域活性化協議会

Author:南つるぎ地域活性化協議会
南つるぎ活性化協議会・公式ブログ

カテゴリ
ニュース
アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールでのお問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS
QRコード
QR