FC2ブログ

槍戸山~剣山~ホラ貝の滝登山道点検

6月9日(日)、スーパー林道から槍戸山~一の森~剣山~ホラ貝の滝~おおぼら橋を周回し、登山道の点検を行いました。
また、昨年からサービス提供している」剣山登山ナビ」の検証も行います。

▼土曜日からファガスの森で泊ってました。
  昨夜は、コノハズクの鳴き声を初めて聞きました。希少な鳥だそうです。
  日曜日早朝、ガスに巻かれてます。

DSC02223.jpg 


▼日の出頃には晴れてきました。良い天気の予感。

DSC02226.jpg 


▼9時前、槍戸山登山口にて。

DSC02230.jpg 


▼ヤマブドウの花(つぼみ)。今年は豊作の様です。

DSC02232.jpg 


▼樹林帯を抜けて、尾根に出ると、気持ちの良い風が。

DSC02241.jpg 


▼シカの食害です。
  ツガ、モミの樹皮を食べています。これだけ食べられると枯れてしまいます。
  貴重な自然林が、どんどん無くなっていきます。

DSC02242.jpg 


▼風が止むと暑いです。初夏の雰囲気。

DSC02235.jpg 


▼岩場ではシャクナゲが残ってました。
  
DSC02255.jpg 


▼槍戸山頂上で休憩。
  徘徊老人の作った干し柿を食べてもらいました。まずまずOK。

DSC02258.jpg 


▼晴れていれば、真ん中に三嶺が見えるのですが。残念。

DSC02260.jpg 


▼一の森。
  食事を済ませ、登山ナビについて色々と。

DSC02266.jpg 


▼ツマトリソウ。
  マクロレンズ付けてなかったので。

DSC02272.jpg 


▼キヌガサタケの残骸?
  意外なところにありました。

DSC02274.jpg 


▼ホラ貝の滝へ下山。
  ダケカンバの新緑が綺麗です。

DSC02282.jpg 


▼ホラ貝の滝から少し下った所で、岩壁が崩落してます。
  登山道の通行は可能ですが、注意が必要。

DSC02296.jpg 


▼おおぼら橋に下山。
  槍戸山登山道では、梯子を一か所、岩場にも何か足場が欲しいです。
  ホラ貝の滝では、梯子一か所、以前に修復した橋を補強、五軒小屋谷の渡渉点に簡単な橋、ザレバの修復が必要です。
  23日のおひさんプロジェクト「登山道整備」で何とかしたいです。

DSC02302.jpg 秋


  23日(日)、ホラ貝の滝登山道の整備を行います。
  7時40分に国道193号線沿いの木沢 沢谷公衆トイレ前に集合です。
  作業道具、昼食は準備します。
  ご協力いただける方は、大西までご連絡ください。
          n-oonishi@advanced-s.com


西三子山・・・登山道調査

12月15日(土)、今年最後のおひさんプロジェクトとして、西三子山の登山道調査を行いました。
現在の地形図には、立石谷林道から後山峠に向かう登山道が記入されていません。
しかし、最近では立石谷林道から登る人も多いので、このルートを登山道として記入してもらいます。

立石谷林道も毎年延伸していて、福寿草群生地直下まで来ていました。

▼冬枯れの登山口
  新しく出来た谷の工事をやってました。

2018-12-15 109 


▼後山峠
  ここで従来の登山道と合流します。
  尾根を渡る風は冷たいです。

2018-12-15 110 


▼鉄塔広場から雲早~高丸の尾根を眺めます。
 尾根筋には霧氷が付いてます。

2018-12-15 115 


▼西三子山の石灰岩を登ります。
  頂上に近づくと霧氷が。

2018-12-15 119 

2018-12-15 123 


2018-12-15 125 


▼山頂標識も設置しました。
  岩ばかりで穴が掘れません。

2018-12-15 127 


▼そうこうしてると、一瞬青空が!

2018-12-15 128 

2018-12-15 131 


▼新しい山頂標識と共に。

2018-12-15 134 


▼西三子山で霧氷は珍しいです。

2018-12-15 137 

2018-12-15 138 

2018-12-15 146 


▼高城山は雲の中、でも、霧氷は綺麗です。

2018-12-15 148 


▼立石谷林道にて。
  チャートと緑泥片岩でしょうか?
  褶曲や断層も見えます。

2018-12-15 154 


 今回取得した、立石谷林道と登山道データは、国土地理院にて内容等精査の後、地形図に反映されます。
 おそらく、来年6月頃にはWeb上の地形図に反映されると思います。
 これからも、皆さんが安心して山歩きができるよう、登山道データの現行化に取り組みます。

 次回、23日は、上那賀の上用地から青の塔へ行きます。
 地下足袋王子も参加します。
 私にとっては、初めてのルートです。
 時間あれば、夏切山まで行ければ良いけど。

おひさんプロジェクト・・・砥石権現登山道調査

11月4日(日)、おひさんプロジェクトで砥石権現登山道調査を行いました。
スーパー林道から従来の砥石権現登山口は、倒木があったり、道もだいぶ荒れています。
数年前から、従来の登山口から少し下の森林管理署看板から登る人が増えました。
森林管理署さんが、標識を建てたり、橋を造ったり、綺麗に整備してくれています。
しかし、地理院地図の登山道は従来のままです。
そこで今回、下の登山口(デンダイ)から、尾根までの区間について、GPSデータを取り、国土地理院で登山道を記入して頂きます。
国土地理院からお借りしたGPS2台で、登山道データを収集します。
そして、スタート、急な曲がり、合流点などは、デジタルカメラで撮影し、このGPSデータも照合します。
都合、3台のGPSでデータを取ります。


▼登山口にて

DSCF5630.jpg 


▼スーパー林道から少し入ると紅葉が綺麗です。

DSCF5634.jpg 


▼森林管理署さんが作ってくれた橋。

DSCF5631.jpg 


▼小さな谷を越えてもまだまだ綺麗でした。

DSCF5639.jpg 

DSCF5641.jpg 

DSCF5644.jpg 


▼スタートするときは、少し寒い位でした。少し歩くと、結構温かくなります。

DSCF5648.jpg 


▼以前から気になっていた「水恋沢」の標識、場所が違ってました。
  今回、ちゃんと正しい場所に立て替えます。

DSCF5652.jpg 


▼砥石権現。
  良い天気、風弱く最高の日和です。

DSCF5654.jpg 


▼名残の紅葉を楽しみながら。

DSCF5655.jpg 

DSCF5658.jpg 


▼楽しみにしていたカラマツ、すでに終わってました。そして、今年は何となく黒っぽい感じ。

DSCF5661.jpg 


▼今年最後の紅葉です。

DSCF5669.jpg 

DSCF5675.jpg 


▼調査区間

 toisi067[1] 
 
  参加頂いた皆さん、ありがとうございました。
  本日(6日)、国土地理院から連絡があり、データは正常に取れているようです。
  次は、立石林道とそこから西三子山に向かう登山道を調査します。
  ご協力をお願いします。


南高城おひさんプロジェクト

7月14日(土)は、南高城でおひさんプロジェクトでした。
徳島文理大学COC事業(地域社会との連携強化による地域の課題解決)の一環として、シカ食害の現状と対策としての
シカ食害防止ネット設置、また、捕獲したシカを有効活用するための解体、食肉加工研修を行いました。

午前中は、南高城国有林でシカ食害防止ネットの設置作業です。

▼ファガスの森で開会式
  地下足袋王子(南つるぎ地域活性化協議会会長)

DSC05865.jpg 


▼徳島森林管理署 多田署長
  シカ食害による森林の荒廃状況等お話頂きました。

DSC05867.jpg 


▼現地到着、すべりやす斜面を、作業現場へ。

DSC05873.jpg 


▼現地では、国見指導官から作業方法、注意事項等。

DSC05876.jpg 


▼作業開始。
  慣れない斜面で大変です。先生もがんばります。

DSC05879.jpg 

DSC05882.jpg 


▼2時間程で900㎡程保護しました。
  3~4年経過すると、内外の植生が激変します。

DSC05888.jpg 


▼尾根に出て記念撮影。

DSC05890.jpg 


▼ファガスの森に帰り、ジビエ料理の昼食。
  シカハンバーグ、シカスジサラダ、シカロースト、シカカレー等
  地下足袋王子が使用部位、料理方法等説明しました。

DSC05893.jpg 


  この後、木沢シカ加工所に移動し、シカの解体、食肉加工等について、研修しました。
  
  山に入る機会のない学生さん達に、シカ食害等で山が荒廃している現状を見て頂く事は大切と思います。
  そして、捕獲したシカ等をおいしく頂くことで、命の大切さと環境保全への理解が深まればうれしいです。

  文理大学の皆さん、暑い中ご苦労様でした。
  また、来年も継続したいと思っていますので、よろしくお願いします。

  南つるぎサポーターズクラブ「山の遠足」の皆さん、ご協力ありがとうございました。

おひさんプロジェクト2018.6.17

6月17日(日)は、おひさんプロジェクトです。
今回は、山の家奥槍戸から少し登った登山道脇に、4年前に設置したシカ食害防止ネットの効果を確かめます。
植物に詳しい方を招いて、ネットの内側と外側でどんな植物があるか調査します。
そして、調査終了後は、新しく1区画のネット張りを行います。

▼山の家に着くと、池の窪尾根に滝雲が出ています。

DSC05633.jpg 


▼ネット張りの資材を担ぎあげます。

DSC05634.jpg 


▼ジローギュー登山道から調査地点へ向かいます。
  ほとんど下草や小灌木はありません。

DSC05642.jpg 


▼シカ食害防止ネットの内側
  小灌木や色々なものが育ってます。

DSC05643.jpg 


▼ネットの中に入り、講師の話を聞きます。

DSC05647.jpg 


▼アカカンバの幼木

DSC05648.jpg 


▼シモツケ

DSC05650_20180618140417844.jpg 


▼??
  教えてくれたのですが??

DSC05653_201806181404188b8.jpg 


▼ネットの外
  イワヒメワラビ

DSC05657.jpg 


▼ネットの外
  リョウブの幼木。ネット内では60㎝程度あるんですが。

DSC05659.jpg 


  調査した結果、ネット内で25種類以上確認出来ました。
  そして、地面を植物が覆っている比率は95%程度と見ました。
  ネット内で一番多く育っているのはリョウブです。
  
  ネットの外では、6種類程確認、また、地面を植物が覆っている比率は40%程度でした。
  ネット外では、イワヒメワラビが一番多いです。

  以上から想像すると、ネットによりシカが入れなくなると、色々なものが育っています。
  気候変動等色々な要素はあるでしょうが、今回調査の結果は、山の下草(ササや小灌木等)が無くなり
  裸地化が進むのは、ヒホンジカの食害が主たる要因と判断されます。


▼第二弾は、シカ食害防止ネットの設置です。
  一辺30m程度です。 最初にポールを立てて行きます。

DSC05662.jpg 


▼ポールにネットを止めていきます。
  ロープとネットの張り具合が難しい。

DSC05664_20180618140424018.jpg 


▼地下足袋王子はお手の物。どんどん進みます。

DSC05665.jpg 


▼だいぶ出来あがりました。
  山の遠足メンバーは慣れたものです。予想より早く終わりそう。

DSC05667_201806181404288ba.jpg 


▼山の家前で記念撮影
  森林管理署、徳島県、日亜ふるさと振興財団、南つるぎサポーターズクラブ山の遠足、総勢26名でした。

DSC05669.jpg 


次回のおひさんプロジェクトは、7月14日です。
徳島文理大学短期大学部の皆さんに協力して頂き、南高城でシカ食害防止ネットを設置します。
皆さんのご協力をお願いします。

ほら貝の滝登山道整備・・・おひさんプロジェクト

5月27日は、今年3回目のおひさんプロジェクトとして、ほら貝の滝登山道整備を行いました。
事前の情報では、大きなブナが倒れて、登山道を塞いでいるようです。
また、冬の間にザレたり、落石等でだいぶ痛んでいると思います。
徳島森林管理署の署長さん他2名、山の遠足メンバー11名、平井会長、私の総勢16名で作業します。

▼おおぼら橋で作業前のミーティング
DSC05323.jpg




▼五軒小屋谷とほら貝の滝方向の分岐点で大きな倒木が道を塞いでいます。

IMG_6425.jpg


▼枝を払って、その木を使って足場や杭に活用します。

IMG_6426.jpg



▼なにせ、急斜面です。
  ルート等考えながら補修します。

IMG_6432.jpg



▼先に進んだグループも倒木など活用します。

DSC05329.jpg



▼こちらも倒木のヒメシャラを使って修復。

DSC05333.jpg



▼少しでも安心して歩けるように。

DSC05338.jpg



▼道を塞いでいたブナも撤去され、登山道が通れるようになりました。

DSC05339.jpg



▼事故もなく無事終了。
  大夫歩きやすくなりました。

DSC05347.jpg


 参加の皆さん、ありがとうございました。
 おひさんプロジェクトは、徳島森林管理署、徳島県南部総合県民局、那賀町、日亜ふるさと振興財団の
 ご協力により運営しています。

 次回(6月10日)のおひさんプロジェクトは、4年ほど前に設置した、山の家奥槍戸上部のシカ食害防止ネット
 の内側と外側で植生の状況がどの程度違うのか、調査をしたいと思います。
 植物に詳しい方を招いて、ネットの効果等調査します。
 詳細は、山の遠足会員にはメールにて連絡します。また、それ以外でも興味のある方は、地下足袋王子か
 徘徊老人までご連絡ください。

続きを読む

ジローギュー登山道整備

4月29日は、おひさんプロジェクトでした。
那賀町商工会、観光協会、青年団、山武者の皆さんとともに、ジローギュー登山道整備を行います。
山の家奥槍戸からジローギューへの登山道は、笹枯れによる裸地化の進行、笹原の地滑りなどで
ちょっと危険な個所も出来てきました。
また、笹が登山道を覆ってしまい、心配な個所もあります。

今日は、那賀町関係者12名と山の遠足16名で、笹を刈ったり、登山道を修復したりです。


▼出発前、山の家奥槍戸で集合写真。
  いつもの山歩きと違い、鍬やシャベル、刈り払い機を持ってます。

DSC04489[1] 


▼まだ、早春の景色

DSC04493.jpg 


▼刈り払い機を担いで、山武者がガンガン行きます。

DSC04495.jpg 


▼石をどけたり、道を均したり。

DSC04498.jpg 


▼道が崩れている場所では、倒木等利用し歩きやすく修復します。

DSC04505[1] 


▼ジローギュー山頂で、山の遠足メンバー。
  この日は剣山の山開き、絶好の天気で、沢山の登山者がいました。

DSC04507.jpg 


▼那賀町の皆さんと一緒に。

DSC04508.jpg 


▼ジローギュートラバース道の崩れていた個所を修復。
  全員で耐荷重試験??

DSC04513.jpg 


▼ここでも修復

DSC04518.jpg 


▼ワチガイソウ

DSC04515.jpg 


▼ミツバツツジ類
  大きな株が満開でした。

DSC04527.jpg 


 那賀町の皆さん、ありがとうございました。
 覆いかぶさる笹を刈って頂いたので、だいぶ歩きやすくなりました。
 石立山、那賀アルプス(不入山、折宇谷山等)、槍戸山を眺めながら登る南つるぎルートに
 沢山の方が来てくれますように。

 また、来月には、ホラ貝の滝ルートの登山道も整備しないといけません。
 
 参加頂いた皆さん、ありがとうございました。

西三子山福寿草保護活動

4月7日(土)、今年初めての「おひさんプロジェクト」を行いました。
以前から気になっていた西三子山福寿草、保護ネットを何とかしたいと思っていました。
今のネットは、網目が小さく、背も高いため、写真を撮る時、うまくいきません。
また、保護ネット外でも小さな株が見られるようになり、これらも何とか保護出来ればと思います。

地下足袋王子、山の遠足メンバーとも相談の結果、ロープでの囲いに変更する事にしました。


▼今までのネットの囲い。
  落ち葉が一杯吹き寄せられたり、ちょっと不便かな。

DSC03819.jpg 


▼資材を運び上げ、作業前に周辺の福寿草株を確かめます。

DSC03821.jpg 


▼福寿草の株、すでに花は終わっています。
  これくらいの大きさなら、来年は花を咲かせそうです。

DSC03824.jpg 


▼ネットを外して、ロープで囲いました。

DSC03823.jpg 


DSC03825.jpg 

 来年、どれくらい花が咲くでしょう。
 株は、大小含めて50程度確認出来ました。
 10年前のような、群生は無理でしょうが、少しでも増えてほしいものです。
 そして、近づいて写真を取ることも出来るので、かわいい福寿草を楽しんでもらえると思います。
 
 ただ、ロープ囲いの中に立ち入ったり、盗掘など無いように期待してます。
 

うれしいお知らせ・・・おひさんプロジェクト

先日、山の家奥槍戸管理人さんから、うれしい知らせが届きました。

今年度第一回のおひさんプロジェクトとして、ジローギュー山頂近くに、道迷い防止の看板を建てました。
ジローギューから、間違えて山の家奥槍戸へ下山するのを防止するためです。

昨年は8組程、間違えて山の家奥槍戸へ下山したそうです。
ご存じのように、山の家奥槍戸は携帯電話も通じません、交通機関もありません。
そんな所へ、午後3時とかに間違えて下山すると、登り返して剣山(見の越)まで帰る体力があれば良いけど
そんな元気な人ばかりではありません。
最終的に、管理人さんが仕事終わった後、自分の車で、国道193号雲早トンネルを越えて、川井峠を越えて
見の越まで送ることになります。
往復5時間もかかります。仕事終わった後の5時間はきつかったそうです。

それが、今年は0件だったそうです。

もちろん、0件になった理由が、すべて看板の効果とは思いません。
でも、設置した我々もうれしいです。
”やったー”と叫びたい気持ちです。

この、看板設置には約1年かかりました。
ジローギュー山頂付近は、国定公園の中にあり、第一種特別地域に指定されているようでした。
南部総合県民局のご協力を頂き、県庁所轄部門の許可、地権者の許可等を頂きました。
そして、4月16日、看板設置を行ったところです。

4月に行ったおひさんプロジェクトの様子です。


▼まだ、雪が残っていました。

DSC08118_20171209155245656.jpg 


▼山の家奥槍戸で出発準備

DSC08117_201712091552432d9.jpg 


▼道迷い防止看板設置

DSC08143_201712091552459a4.jpg 


▼ジローギュー峠にも

DSC08157_20171209155247ba4.jpg 


  道迷いがゼロになった事、うれしいです。
  許認可でお世話になった皆さん、看板設置にご協力頂いた皆さん、ありがとうございました。
  
  これからもおひさんプロジェクトの活動にご協力をお願いします。

平家平登山道調査

11月12日は、おひさんプロジェクトとして、平家平の登山道調査を行いました。
平家平は結構人気の山ですが、気易く登れる山ではありません。
木頭からの蝉谷コースは、土砂崩れ等ありちょっと難しいようです。
きわん谷コース、ビリ谷コースも、登山道が荒れたり、シカ食害防止ネットで塞がれたり、難しいようです。
今回の調査は、岩倉林道から大久保山を経由し、平家平に至るコースを調査します。
往復6時間程度で、安全に平家平に登る事が出来ます。

▼大久保山に登る尾根から、高城山、雲早山、高丸山などが綺麗に見えます。
 そして、右端には目指す平家平が。
DSC02090[1] 


▼尾根は冬景色。良い天気で気持ち良い尾根歩きです。

DSC02095[1] 


▼ちょっと休憩、一の森、天神丸などスーパー林道沿いの山々が一望できます。

DSC02097[1] 


▼12時20分、平家平頂上に到着。
 やはり、しんどい山です。
 おいしい弁当に、皆無口になります。

DSC02100[1] 


▼綺麗な空、一の森を始め剣山方向。

DSC02105[1] 


▼先週の雲早山~高丸山縦走路も綺麗に見えます。

DSC02106[1] 


▼記念撮影。
 総勢22名でした。

DSC02109[1] 


▼同じルートを帰ります。紀州堀切からの登り返しはしんどいです。

DSC02112[1] 


▼西日の平家平

DSC02114[1] 


▼大久保山まで登り返して”バンザイ”
 あ~しんどかった!!

DSC02116[1] 

 15時30分、登山口の岩倉林道に下山しました。
 
 岩倉林道の延伸分も含めて、GPSデータを取りました。
 きちんと取れていれば、来年5~6月には、地形図に反映されます。
 平家平を安全に登ることが出来ると思います。
 電話問い合わせ等にも、ちゃんと案内出来るでしょう。
 参加の皆さん、ご苦労様でした。
プロフィール

南つるぎ地域活性化協議会

Author:南つるぎ地域活性化協議会
南つるぎ活性化協議会・公式ブログ

カテゴリ
ニュース
アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールでのお問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS
QRコード
QR