久しぶりの夏切山

13日の山の遠足は夏切山へ行きました。
久しぶりの夏切山、どんな感じでしょう?

地下足袋王子は、どうしたことか体調を崩して、今日は休みです。
昨日電話したら、鼻をグシュグシュ、声も変わってました。
そんな事で、総勢7名、大用地から木地師の墓経由で登ります。


▼木地氏の墓
  誰かが看板を立てていました。

DSC06162.jpg 


このコースは、杉の植林帯が多く、下の方は余り面白くありません。


▼途中に少しだけ自然林があります。
  ちょうど良い感じでした。

DSC06164.jpg 

DSC06170.jpg 


DSC06165.jpg 


▼そして、ここからが夏切山らしい所、杉植林帯の急登が始まります。

DSC06173.jpg 


▼頑張って尾根に出れば、ほとんど冬景色。
  でも、ブナ、モミジ、等きれいに残っている木もあります。

DSC06179.jpg 


▼きれいな青空と赤いモミジ

DSC06184.jpg 


▼「見て、見て」と声が聞こえそうなモミジの前で。

DSC06189.jpg 


▼「カサカサ」と落ち葉を踏みしめながら、広い尾根を進みます。
  風もなく、きれいな青空のもと、最高の尾根歩きです。

DSC06194_20161114140426345.jpg 

DSC06195.jpg 


登山口から約2時間40分、夏切山に着きました。
ただ、登山者もほとんどいないのか、登山道は消えています。
そして、枯れ木が一杯で、歩きにくくなってました。

▼先週、修行した雲早山~高丸山の縦走路がきれいに見えます。
  先週と違って、今日は無風の青空です。

DSC06208.jpg 


▼夏切山

DSC06214.jpg 


▼荒れています。
  木が枯れてしまっています。

DSC06215.jpg 


▼帰りに、轆轤山に寄りました。
 きれいなモミジが何本か。

DSC06223.jpg 

DSC06228.jpg 


▼登りでは気がつかなかった場所。
  太陽の角度も変わって、良い感じになりました。

DSC06235.jpg 


先週とは違って、気持ちのいい山歩きが出来ました。
尾根筋の紅葉はほとんど終わりでした。でも、低いところはこれからでもOK。
青空のもと、ゆったりと尾根を歩くのは良いですね~。
杉林の暗い急登を忘れます。

このコースの黄葉、来年が楽しみです。
以外に、穴場かも!
関連記事
プロフィール

南つるぎ地域活性化協議会

Author:南つるぎ地域活性化協議会
南つるぎ活性化協議会・公式ブログ

カテゴリ
ニュース
アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールでのお問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS
QRコード
QR