春の西三子山

3月12日は、福寿草で有名だった西三子山へ行きます。
地下足袋王子が忙しく、久しぶりの山の遠足です。


▼立石林道登山口から登ります。
  登り始めは急登、山が荒れてガラガラの状態です。

DSC07442.jpg 


▼後山峠から鉄塔まで来ると、雲早山が綺麗です。
  今日は暖かく、風もない良い日和です。

DSC07446.jpg 


▼鉄塔巡視路を通って、以前の福寿草群生地に向かいます。
  北斜面はまだ冬模様。

DSC07451_2017031316013344c.jpg 


▼この鉄塔の付近、以前は福寿草が一杯でした。
  足の踏み場も無いほど咲いていました。
  手分けして、あちこち探しますが、葉っぱの一枚も見つかりませんでした。
  
DSC07453.jpg 


▼山頂へ向かう尾根、まだ、少し雪があります。
  今シーズン最後かな?

DSC07455_20170313160136573.jpg 


▼西三子山山頂
  暖かく気持ち良いです。

DSC07461_201703131602182fc.jpg 


▼福寿草群生地に向かって尾根を進みます。
  途中で見える一の森、剣山は白く輝いています。
  だいぶ雪がありそうです。

DSC07464.jpg 


▼福寿草群生地
  今年は10輪の花を確認しました。花をつけていない株も10株程。
  昨年は3輪だったので、少し増えました。

  これまでの福寿草保護活動です。(南つるぎ地域活性化協議会および、南つるぎサポーターズクラブ「山の遠足」)
  2013年3月:ここには一輪もありませんでした。別の谷筋で一輪のみ確認。
           株のある場所にマークを付けました。

        7月:保護ネット、ポール等運び上げ。

        8月:エコ&トレッキングツアーで、参加者の皆さんと一緒に保護ネットを設置。

  2014年  :確認せず。
  2015年  :確認せず。

  2016年3月:3輪の花が咲きました。花を付けていない株が5~6程。

  2017年3月:10輪の花

DSC07470.jpg 

DSC07473_20170313160222c3e.jpg 


▼ネット外で株を探しますが見つかりません。
  最終的に、やっと1株確認出来ました。

DSC07478_201703131602248d5.jpg 


▼帰り道、ヤマシャクヤク。

DSC07486.jpg 

DSC07487.jpg 


▼いつもの場所でユキワリイチゲ

DSC07501.jpg 


▼帰り道、いつもの場所でコバイモ

DSC07503.jpg 

DSC07521.jpg 


▼ハルリンドウも沢山あります。

DSC07517.jpg 


  西三子山の福寿草、少しづつですが回復しています。
  ネットも痛んできているので、もう少し見やすいもの、写真の写しやすい物に替えます。
  順調に増えてくれると良いのですが。

  でも、無くなった原因は何なのでしょうか???

  

南つるぎの雪山歩き

2月19日、南つるぎの雪山歩きです。
暖かく、青空と見事な霧氷に恵まれた良い一日でした。
そして、空気も澄んでいて、周囲の山々も綺麗でした。

南つるぎの素晴らしい雪山をご覧ください。


DSC07262.jpg 


▼雲早山も白くなってます。

DSC07263.jpg 


▼登山道はこんな感じ

DSC07272.jpg 

DSC07275.jpg 


▼矢筈山が綺麗です。

DSC07279.jpg 


▼ゆっくり霧氷を楽しみます。

DSC07281.jpg 

DSC07286.jpg 

DSC07288.jpg 

DSC07300.jpg 

DSC07307.jpg 


▼剣山方面

DSC07287.jpg 


▼まだまだ綺麗です。

DSC07311.jpg 

DSC07312.jpg 

DSC07316.jpg 


▼花が咲いているよう

DSC07323.jpg 


▼綺麗な森の中、誰も歩いていない。

DSC07345.jpg 


良い一日でした。

この雪が消えてしまうのはもったいない!!

次回26日は、地下足袋王子所用のため、山の遠足は中止です。

雪の当の石山

22日の山の遠足は、川成峠から当の石山へ行きます。
もし、順調に進めば、天神丸まで行けるかな?

先週に比べると暖かく、雪もだいぶ減っているだろうと思いながら、スーパー林道入口で準備です。
今回は、スノーシューで長山あたりの気持ち良い尾根歩きを楽しむつもりです。


▼向かいの青の塔、暗い雲があります。
  雲の隙間から「天使の階段」が。

DSC07008.jpg 


▼スノーシューの準備。
  ほとんどの皆さんが今シーズン初めて。

DSC07010.jpg 


▼川成峠
  日当たりが良いので雪はありません。
  吹きだまりの雪も少ないですね。

DSC07016.jpg 


▼登り始めてすぐ、登山道には40~50㎝の雪があります。
  少し暖かく、重たい雪なので、大変です。
  こんなに雪があるとは意外です。

DSC07017.jpg 


▼少し登ったところの広場。
  天候がイマイチですが、暖かく気持ち良いです。

DSC07027.jpg 


▼ゆったりとした広い尾根を進みます。

DSC07029.jpg 


▼長山

DSC07034.jpg

DSC07040.jpg 


▼樹林帯に入ります。
  高度も上がってきて、樹氷が残っています。
  北風が吹くと、結構冷たいです。でも、気温は-2℃くらい。

DSC07047_20170123104606b46.jpg 

DSC07050_20170123104607558.jpg 


▼当の石山
  雪の当の石は初めてです。
  思った以上に雪が多く、皆さんお疲れ気味。
  ここまで、急な登りは、若いHさんが大活躍です。

DSC07059.jpg 

DSC07064.jpg 


▼当の石山から、天神丸には向かわず南尾根をスーパー林道に向かいます。
  当然道はありません。
  山頂からの下りは結構急斜面、スノーシューでは厳しいです。
  緩やかな自然林からササ藪に入ったところで、熊捕獲檻を発見。
  今は使われていませんが、ちょっと緊張。
  昨年5月には、この山系で熊に出会っていますから。

DSC07066.jpg 


▼四つん這いで木を潜ったり、笹藪に悩まされながら、やっとスパー林道へ。

DSC07068_20170123104705177.jpg 


▼誰も歩いていないスーパー林道、気持ち良いですネ~。
  午後は雪模様になりましたが、先週に比べると暖かい一日でした。

DSC07071.jpg 


今週も寒くなりそうです。
まだまだ、冬山を楽しめますね。

次回、29日は、地下足袋王子が狩猟免許試験のため、山の遠足は中止です。

今年初の雪山

15日、2017年初の山の遠足は、雪山歩きです。
登山口に向かう途中に、ツララの名所があります。
昨年は暖かく、ほとんどツララができませんでした。
しかし、今年は先日来の冷え込みで見事なツララです。


▼槍が降ってきそうなつらら

DSC06949_2017011614560480a.jpg 

DSC06950.jpg 


今シーズン最強の寒波が来ているとの事、登山口に着くと-7℃です。
その上、尾根筋は強風が吹いている様子、しっかり寒さ対策して12人でスタートです。

全員アイゼンを付け、登り始めますが、少し位登っても体が温まりません。
吹きつける北西の風に粉雪が混じり、顔が痛いです。


▼寒い

DSC06960.jpg 


▼少し標高が上がるとこんな感じ。
  普段見る樹氷と違って、低木も幹もすべてが凍て付いています。

DSC06969_20170116145608c44.jpg 


▼サラサラの新雪を踏みしめて急登を登ります。
  しかし、サラサラの新雪は、足を乗せると崩れるので大変。

DSC06973_2017011614560968e.jpg 


▼周囲はこんな感じ

DSC06974_20170116145647ef5.jpg 


▼急登を登り切って頂上近くへ。

DSC06982.jpg 


▼真っ白なトンネル
  このあたりで、-11℃、風が吹くとほんと冷たい。

DSC06997.jpg 

DSC07000.jpg 


▼余りにも寒いので、昼食もとらず、下山開始。
  私のカメラも、予備電池もダメになり、これが最後の一枚。
  まだまだ綺麗な所あったのに、残念!

DSC07005.jpg 


余り経験しない寒さでした。
そして、青空を見ることはありませんでした。
でも、新雪もいっぱい楽しめたし、すべてが凍て付く景色も見えたし、良かったです。
まだ、雪も降りそうなので、当分雪山が楽しめそうです。

次回、22日は川成峠から塔の石山方面にスノーシューで歩こうと思ってます。

樫戸丸の霧氷

今年最後の山の遠足は樫戸丸に行きました。
比較的暖かく、雲早山、高城山、樫戸丸、全部霧の中です。
どう見ても雪は期待できそうにありません。
 
そんな話をしながら、川成峠を目指して車を進めます。

スーパー林道のゲート下、ショートカットコースに取り付きます。
地下足袋王子は、更に下の古道を通って川成峠へ向かいます。


▼いきなりの急登。
  息が切れます。

DSC06698.jpg 


▼川成峠まで来ると、北側の風が当たる斜面には、うっすらと霧氷が付いてます。
  これなら、山頂は期待できそう。

DSC06710.jpg 


▼急なコースを一登りするとこんな感じです。

DSC06713.jpg 


▼雪はありませんが、北川の木々は真っ白です。

DSC06727.jpg 


▼急登を登ります。
  このコースは短いけどしんどい。

DSC06730.jpg 


▼頂上直下の霧氷。
  いつも、大きく成長するところです。

DSC06732.jpg 

DSC06734.jpg 


▼山頂にて。
  期待以上に大きな霧氷が見えます。
  ただ、ガスっていて、ちょっと残念ですが。

DSC06739.jpg 


▼足元の小さな苔もしっかり雪化粧。

DSC06747.jpg 


▼風の広場に向かって下山します。
  こちらも、真っ白です。

DSC06753.jpg 


▼少し気温が上がったのか、バラバラと氷が降ってきます。
  モノトーンの世界。

DSC06772.jpg 

DSC06764.jpg 


▼今日は、風の広場近くまで降りても、綺麗な霧氷が続きます。

DSC06776.jpg 


▼風の広場。
  ススキも二度目の花を咲かせます。綺麗です。

DSC06788.jpg 


▼スーパー林道に降りても、こんな景色が。

DSC06792.jpg 


今年の山の遠足は、今回で終了です。
参加してくれた皆さん、ありがとうございました。
来年は、1月8日から再開する予定です。
安全第一に、来年も山の遠足を楽しみましょう。

雪が降ると良いのにな~!

新しい年が、良い年でありますように!

今シーズン初の雪山

18日は、今シーズン初めての雪山でした。
この冬はもっと寒くなると思っていましたが、なかなか雪は来ませんでした。
前日の好天で雪は期待できないと思っていました。
でも、高度が上がると、10~20㎝のフカフカの新雪でした。
昨年は、ほとんど雪が無かったので、嬉しかったです。


▼18日の日の出

DSC06623.jpg 


▼登山口は10㎝位の新雪。
  地下足袋王子はなぜか雪を食べてます。
  きっと、昨夜の”お神酒”が過ぎたのでしょう!

DSC06629.jpg 


▼少し登ると霧氷の名残がありました。
  昨日はすごかったでしょう。

DSC06643.jpg 


▼振り返ると遠くに雲海が見えます。
  空気が澄んで、きれいでした。

DSC06634.jpg 


▼古いブナもきれいです。

DSC06640.jpg 


▼きれいな青空と新雪と霧氷。
  そして ・・・・

DSC06651.jpg 

DSC06658.jpg


▼頂上付近は、霧氷が結構残っていて、きれいでした。

DSC06654.jpg 


▼空気が澄んでいて、剣山方面もきれいです。
  こんなにクリアに見えるのは珍しい!

DSC06665.jpg
 
DSC06666.jpg 


▼急な尾根を下山します。
  全員アイゼン付けてますが、慎重に!

DSC06671.jpg 


▼振り返ると、霧氷がキラキラ輝いています。
  私ではうまく表現できませんが・・・

DSC06677.jpg 


▼この日は、右足のふくらはぎに腫れがあり、車回送担当でした。
  下山地点で、皆を待ちます。

DSC06679_2016121921543561d.jpg 


▼全員帰ってきました。
  今シーズン初の雪山遊びでした。

DSC06690.jpg 


今週前半は暖かいようです。
後半の冷え込みに期待しましょう。
次回はソリを持ってゆきましょうか。

ところで、アイゼン、スノーシューの点検はしましたか?
今回、ちょっとしたアイゼントラブルがありました。
凍結した登山道、アイゼン無しでは非常に危険です。
今一度、点検し、靴にフィットすることを確かめて下さい。

さーて、週末の雪はどうかな?


地下足袋王子の山で柚子採り

12月4日の山の遠足は、しがきの丸登山の後、地下足袋王子の柚子山で柚子の収穫をする予定でした。
ところが、天気予報によると、午後は雨との事、「山は逃げない」の一言で朝から柚子採りになりました。
地下足袋王子によると、柚子は実を採ってやらないと、翌年の実付きが悪くなるそうです。
また、徒長枝が伸びているので、剪定も必要との事です。


▼王子の柚子山。
  ほとんど採ってないので、まだまだ一杯あります。

IMG_0584.jpg 


▼伸びすぎた徒長枝は切ります。しかし、棘が一杯で危険です。
  なんだかんだとにぎやかに。

IMG_0590.jpg 


▼すっかり職人さんの雰囲気

IMG_0594.jpg 


▼さすが、王子、手際良く収穫します。

IMG_0596.jpg 


▼そして、余分な枝はきちんと切り取ります。
  こうしないと、コンテナに入れたとき、他の柚子玉を傷つけます。

IMG_0599.jpg 


▼11時30分ころまでに沢山採れました。
  これ、全部お土産に頂きました。

IMG_0585.jpg 


▼予報通り、12時前から雨になりました。
  すぐ近くの集会所を借りて、お昼です。
  王子の前には、ビールと一升瓶が!

IMG_0601.jpg 


▼雲を眼下に、天空の柚子採りでした。

IMG_0604.jpg 


王子の柚子山、まだまだ一杯あります。
柚子取り希望者は、地下足袋王子までご相談ください。
ただし、「コンテナ一杯で十分」はだめです。
一人当たりコンテナ3~4杯、しっかり収穫してもらいます。

とげに刺されるし、首は痛いし、急斜面で足は疲れるし、でも、楽しいですよ!!

山の家~権田山縦走

23日(水)、山の家奥槍戸から折宇谷山を経由し、勘場林道まで縦走します。
今回も、国土地理院のGPSを持って、データ収集も行います。
天気予報に反して、1000mから上はガスがかかります。


▼営業前の山の家奥槍戸

DSC06393.jpg 


▼周囲の山はこんな感じ

DSC06395.jpg 


▼ミツバツツジの種類でしょう。珍しく狂い咲き

DSC06396.jpg 


▼こんな感じで霧の中を行きます。
  晴れていれば石立山がきれいに見えるのですが。

DSC06397.jpg 


▼千手観音ブナ
  大きな枝が折れて、ちょっと寂しい感じです。

DSC06399.jpg 


▼不入山

DSC06409.jpg 


▼不入の窪近く。
  北側から霧が上がってきます。

DSC06412.jpg 


▼イタドリの尾根
  ハゲ山にどんどんイタドリが増えています。
  夏、葉が茂ると、登山道は全く見えません。そして、感じ悪いですね~。

DSC06414.jpg 


▼不入の窪
  霧の中を進むのも良いものです。

DSC06417.jpg 


▼ブナの幹に着いた苔、そこに霧の水滴が。

DSC06428.jpg 


▼きれいなブナ

DSC06437.jpg 


▼権田ブナ
  徳島県一番です。でも、すごく痛みました。
  寿命でしょうか?

DSC06440.jpg 


▼こちらのブナは、まだまだ元気

DSC06441.jpg 


気温0℃から3℃の寒い尾根歩きでした。
雨はほとんど降りませんでした。しかし、霧がブナの枝で水滴になり、ポタポタと落ちてきます。
展望もありませんが、でも、楽しく歩けました。

今日、収集したGPSデータは国土地理院に送ります。
きちんと取れていれば、国土地理院の1/25000地図等に反映されます。
昨年分と合わせて、奥槍戸山の家~不入山~久井谷山~折宇谷山~中内山~権田山~勘場林道まで
の縦走路がつながります。
うまく行けば来年5月頃、国土地理院の地図データベースに反映されるはずです。(ネット上)
紙地図は、次回印刷まで反映されないようです。

もうすぐ12月、雪遊びですね~!!

  

久しぶりの夏切山

13日の山の遠足は夏切山へ行きました。
久しぶりの夏切山、どんな感じでしょう?

地下足袋王子は、どうしたことか体調を崩して、今日は休みです。
昨日電話したら、鼻をグシュグシュ、声も変わってました。
そんな事で、総勢7名、大用地から木地師の墓経由で登ります。


▼木地氏の墓
  誰かが看板を立てていました。

DSC06162.jpg 


このコースは、杉の植林帯が多く、下の方は余り面白くありません。


▼途中に少しだけ自然林があります。
  ちょうど良い感じでした。

DSC06164.jpg 

DSC06170.jpg 


DSC06165.jpg 


▼そして、ここからが夏切山らしい所、杉植林帯の急登が始まります。

DSC06173.jpg 


▼頑張って尾根に出れば、ほとんど冬景色。
  でも、ブナ、モミジ、等きれいに残っている木もあります。

DSC06179.jpg 


▼きれいな青空と赤いモミジ

DSC06184.jpg 


▼「見て、見て」と声が聞こえそうなモミジの前で。

DSC06189.jpg 


▼「カサカサ」と落ち葉を踏みしめながら、広い尾根を進みます。
  風もなく、きれいな青空のもと、最高の尾根歩きです。

DSC06194_20161114140426345.jpg 

DSC06195.jpg 


登山口から約2時間40分、夏切山に着きました。
ただ、登山者もほとんどいないのか、登山道は消えています。
そして、枯れ木が一杯で、歩きにくくなってました。

▼先週、修行した雲早山~高丸山の縦走路がきれいに見えます。
  先週と違って、今日は無風の青空です。

DSC06208.jpg 


▼夏切山

DSC06214.jpg 


▼荒れています。
  木が枯れてしまっています。

DSC06215.jpg 


▼帰りに、轆轤山に寄りました。
 きれいなモミジが何本か。

DSC06223.jpg 

DSC06228.jpg 


▼登りでは気がつかなかった場所。
  太陽の角度も変わって、良い感じになりました。

DSC06235.jpg 


先週とは違って、気持ちのいい山歩きが出来ました。
尾根筋の紅葉はほとんど終わりでした。でも、低いところはこれからでもOK。
青空のもと、ゆったりと尾根を歩くのは良いですね~。
杉林の暗い急登を忘れます。

このコースの黄葉、来年が楽しみです。
以外に、穴場かも!

秋の雲早山から高丸山縦走

11月6日(日)は、雲早山~高丸山へ縦走します。
今年は、ちょっと時期が遅くなり、紅葉も終盤のようです。
そして、今回はもう一つの目的があります。
国土地理院が発行している地図の登山道データ収集です。
国土地理院から借用したGPS、カメラを持って行きます。

朝、四季美谷へ向かっていると、高い山はガスがかかっています。
でも、天気予報は良いので、そのうち張れるだろうと話しながら、スタートします。


▼雲早山の尾根はガスにまかれ、北東の強風です。

DSC06139.jpg 


時々、小雨の混じる強風を進みます。
登山道データを取っているので、確かめながら慎重に進みます。


▼少しガスが晴れると名残の黄葉が見えます。

DSC06144_20161108103012e7d.jpg 


▼一瞬でしたが、日が差す事がありました。

DSC06146.jpg 


一瞬、日が差した時は、これで天気回復すると期待しました。
しかし、すぐに真っ白に。そして、小雨の中に白いものが混じっています。


▼いつも、ブナのきれいな所も、すべて真っ白。

DSC06154_20161108103015f0f.jpg 


▼高城山に到着。

DSC06159.jpg 


今回の所用時間は、5時間20分程度、いつもより約1時間早いです。
花もなく、景色も楽しめないので、黙々と歩きました。
いつもなら、写真撮ったりして、なかなか進まないメンバーなんですが。

登山道データもなんとか大丈夫と思います。
今、国土地理院で調査中です。
もし、データが取れていると、来年5月頃には、ネット上の地理院地図に反映されるはずです。

同行の皆さん、寒い中ご苦労様でした。

プロフィール

南つるぎ地域活性化協議会

Author:南つるぎ地域活性化協議会
南つるぎ活性化協議会・公式ブログ

カテゴリ
ニュース
アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールでのお問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS
QRコード
QR